更年期には肉!な理由

80歳を超えて認知症にもならずに元気でいる女性はコレステロール値が高いというデータがあります❣️
250〜300mg/dlあるいは300mg/dlを超えている人もいるそうです。
コレステロールは神経細胞の膜を作る物質で脳内脂質の20〜30%を占めています。
女性ホルモンはコレステロールから作られています。女性ホルモンは脳細胞を刺激すると同時に、シナプスと言う脳の中の情報伝達を行う構造をサポートすると言われています。このことから血中の女性ホルモンの濃度が高い人はうつや認知症になりにくいと言えるそうです。
逆にコレステロールが少ないと女性ホルモンも少なくなり脳内の情報伝達がスムーズにできなくなりストレスも溜まりやすくなるそうです。
脳内の神経伝達物質の1つにセロトニンがありますセロトニンとは幸福感をもたらす神経伝達物質です。
セロトニンが十分にあると
1.ストレスに強くなる
2.感情のコントロールや心のバランスを保つことができるようになる
3.よく眠れるようになる
一方セロトニンが不足すると感情にブレーキがかかりにくくなり、鬱にもなりやすくなるのだとか!
セロトニンはトリプトファンというアミノ酸からしか作られません。
このトリプトファンの最も良い供給源は肉類です。赤身の肉に含まれているので女性ホルモンの分泌が激減する閉経後は積極的に食べるようにお勧めします🍀

歳をとって肉を食べなくなってくると、怒りっぽくなったり、精神的に不安定になるのは肉不足かも‼️

もちろん肉だけ食べていればいいと言うことではなく行くも含めてバランスよく食事を取ることです。魚にもトリプトファンが含まれていますから魚を食べることも大切です。バランスが何より大切です。

食事以外には
○太陽の光をしっかり浴びる
○一定のリズムの運動する
○深呼吸をする
などです。

20170730-162454.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA