頭痛にも効くよもぎ蒸し

天候の不安定さにより気圧の変化が激しく体調がすぐれない方も多いのではないでしょうか?
今日は、頭痛も緩和するよもぎ蒸しについてお話しします。
まず日常的に起こる頭痛の原因となるものは大きく分けて4つあります。
①肩こりの痛みと同様に当該骨を取り囲む筋肉に凝りが起こりそれを頭痛として感じます。
②血管には神経がたくさん取り巻いています頭蓋骨に沿って走る動脈の1部が急に広がると緊張した血管壁から神経の痛みが伝えられズキンズキンと拍動性の痛みになりますこれが偏頭痛です。
③頭蓋内に腫瘍ができたり急激な出血があったり、血圧が急上昇すると頭蓋内の圧力が高くなり頭痛が起こります。
④目の疲れにより眼の後ろ側を取り巻いている眼球を動かしている眼筋が凝り頭痛が起こります。

以上の中で1番多いのが①です筋肉に力が入ったままじっとしていると、筋肉内の血流悪化から酸欠になり老廃物が溜まります。その結果筋肉は傷み始めます。頭部の筋肉も例外ではありません。頭蓋骨内の外側は、筋肉とそこから続く膜で覆われています頭の筋肉は後頭部が一番分厚く主にこの部分の筋肉が凝った時に頭痛が起こります。これを緊張性頭痛といいます。
この痛みを軽くするには血流を良くするために温めるのが効果的だと言われています。よもぎ蒸しはダイレクトに内臓は温めるので体が温まるのが早く冷めるのはゆっくりです。首から上は蒸気にさらされないので息苦しくないのでサウナが苦手な方にも安心して行っていただけます。

②の偏頭痛に関しては動脈の広がりを抑えるために動脈が走っているこめかみ、眉の上、後頭部から頭頂部に向けて抑えたり揉んだりする。または血流を減らし血管が広がりにくくするために後頭部の動脈を冷やすのも効果的です。予防として血管が広がるのを抑えるカフェインを含む飲み物も良いようです。

20160830-111550.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA